Mixi日記ツールの使い方

Mixi日記ツールの使い方

解凍したフォルダーの下に複数のファイルが出来ます。起動ファイルは、「Mixi Diary.exe」です。これをダブルクリックして起動します。

起動画面

次の画面が現れます。

Mixi日記Puller 起動画面

Mixi日記ツール 起動画面

日記のコピーモード

Mixi日記コピー」ボタンを押すと、日記のコピーモード用画面に切り替わります。
Webビューアー中の、日記ボタンなどをクリックして自分の最新日記ページを表示します。
Webビューアーの動作は遅いため、最初のページだけ、じっくり待って下さい。完全に全部表示されたら、「スタート」ボタンを押すとコピー作業が開始されます。

mixi日記コピーモード

mixi日記コピーモード

 

コピー中は、次の画面に切り替わります。
このツールの問題点として、大量の日記ページをコピーすると、動作中にWebビューアーがフリーズというか、引っかかってしまうという現象が発生します。右上のコピーカウンターが変化しなくなったら、ビューアーのスクロールバーを左右や上下に引っ張ってみてください。しばらく動作が回復することがあります。
そでも駄目な場合は、Escボタンを長押ししてツールを停止させた後、右上の |X| をクリックして一旦ツールを終了させます。十数秒待ってから再度ツールを起動すれば、続きのページが表示されるはずですので、「スタート」ボタンを押して再スタートしてください。

Mixi日記連続コピー中画面

Mixi日記連続コピー中画面

日記の取り込みには結構時間が掛かります。

日記の最旧ページに達したら、メッセージが表示されて自動停止します。

mixi日記copy完了画面

mixi日記copy完了画面

OK ボタンを押して終了です。

エクスポート

起動画面に戻った後、「エクスポート」ボタンを押すと、取り込んだ自分のMixi日記をWordPress HTMLインポートフィルターで読み込める形式に変換し、この「Mixi Diary」フォルダーの下に「mixi_diary.txt」というファイル名で出力されます。ただのテキストファイルですので、直接WordPressに読み込ませるなり、手作業で加工するなり、別のブログシステム用に再度変換するなり自由に操作できます。

画像ページ一覧表示

エクスポート処理を完了した後、画像ファイルが添付されている日記ページの一覧を表示することが出来ます。

画像ファイル添付日記の一覧表示

画像ファイル添付日記の一覧表示

赤で囲まれている部分が、目的の日記ページへのリンクボタンです。日付とタイトルを参考にして、確認したいWebページを開いてください。

画像が添付されている日記ページ

画像が添付されている日記ページ

残念ながら、このツールから直接画像ファイルをダウンロードすることは出来ませんので、リンクボタンを押して開いたWebページから、目的の画像を表示させてWebブラウザーの機能(マウス右クリックで画像ダウンロード)を使ってファイルをダウンロードしてください。必要な数だけ作業を行う必要があります。

アンインストール

Mixi日記を自分のWordPressに取り込んだあと、このツールは不要ということになればアンインストール作業は簡単です。フォルダーごとゴミ箱に捨てれば処分は完了。

複数アカウント

複数のMixiアカウントを持っていて、別アカウントの日記を取り込むためにデータを削除したい場合は、ダウンロードした zip フォルダーの展開を再度行うか、起動ページの「全データ消去」ボタンを押せばデータを消去することが出来ます。
消去は、一件につき約1秒程度掛かる場合があります。

コメントを残す