スーパーカブ90カスタム: エンジンオイル漏れ発生

HA02のガソリン給油に出かけようと、スーパーカブ90カスタム駐輪場まで行ったところ、カブの下に黒いシミができているのを発見。

スーパーカブ90カスタム HA02の下に黒いシミ発生

メインスタンド下が汚れて、コンクリートに跡を付けてしまったのかと反省しようとしたものの、最近この駐輪場以外に駐車したのはセブンイレブンの駐車場くらいで、メインスタンドは汚れた場所に接触してないはず。

目を凝らしてみてみると、黒いシミはオイルっぽい。まさか、ドレインボルトが緩んだのか?
と、ドレインボルトを覗き込んでみても汚れなし。

スーパーカブの左ステップ下あたりにオイルの雫が。

よくよく見てみると、スーパーカブの左ステップ下あたりにオイルの黒い雫が。

が~ん。オイル漏れ~。
購入してから3か月も経過しないうちにエンジントラブル発生???1,000kmも走っていなのに~~。
エンジン内のオイルシールの劣化?確かに新車で購入したわけじゃなく、約15,000km走行済みのスーパーカブなので、ゴム製パーツが劣化してもおかしくありません。そういえば、近所の買い物と荷物運搬に使用しているので通常50km/h 以上のスピードで走り続けることはしないのですが、先日、ショートバイザーを取り付けた後、風防効果を確認するため普段より長い距離を60km/h走行したことを思い出しました。60km/h走行はスーパーカブ90 HA02にとって走行が難しい速度ではありませんが、エンジン負荷が大きいことは走行中、音で分かります。それがきっかけ?

あ~~~~~、やっちまった~。

オイル漏れの量から考えると、フロントスクリーンとインナーバスケットを取り付けた後から漏れ始めた感じです。
ただ、どこから漏れているのかがはっきりとわからない。

先日、スーパーカブ50 C50 をバイク屋さんに相談した時、エンジンを開けると3~5万円掛かると言われたことを思い出しました。

それでも、一時的な漏れだと思いたい。乗り続ければ、いずれ止まるかも。
とりあえず、セルフガソリンスタンドまで、走らせました。ガソリンスタンドに到着して、ガソリンを給油し、足元を見てみると、オイルが一滴落ちてる。走行中も漏れ続けているのか~。ダメだ。(涙目)

仕方ないので、購入したバイク屋さんに運転して行きました。

バイク屋さんに状況を説明すると、スーパーカブ90カスタム のオイル漏れするポイントはわかっていて、エンジンオイル漏れでも、滅多にエンジンを開ける必要はないとのこと。(ほっ。)そもそも、このバイクは、このバイク屋さんで購入した人が手放したのを、私が購入したので履歴管理ができていました。

経年劣化でエンジンオイルが漏れる箇所は、3か所だそうです。

  • シフトペダル
  • ドライブギア軸
  • キックペダル軸

だそうです。今回怪しいのはドライブギア。
カブ90カスタムは、セルモーターが付いているモデルなのでキックペダルは使ったことない。シフトペダルは乗るたびに稼働させていますが、HA02の場合、トップがオールマイティーなので負荷は高くない。ドライブギア軸は運転中常時負荷が掛かってますからね。

即、チェーンカバー前の金属プレートを外して状態をチェックしてもらえました。到着後わずか5分。そうしたら、カバーの下側にオイルが貼りついて黒くなっています。歯車を外して奥のパッキンを確認してみると、ここじゃねぇ?という風にオイルで汚れていました。

エンジンオイル漏れは中央のオイルシールが劣化している可能性が高い。

交換パーツの在庫があったので、簡単に交換してもらえました。取り外したゴムパーツは劣化して一部が剥がれていました。バイク屋さんは、オイルシールが破損していたのは間違いないと判定。

私の頭の中では、エンジンを開けて数万円の出費。。。。という文字が浮かんでいたので、ゴムシールの交換で直るなんて、とってもありがたい!

ただし、ここから漏れていたかどうかは、すぐにはわからないので、運転して帰って、漏れるかどうかを見てみないと確定しません。明日以降もう一度確認してみます。

HA02購入後、約2か月ぶりにお店に行ってみましたが、私が購入したHA02モデルよりも新しい2002年製HA02中古モデルが並んでいました。やっぱり角目モデルですけどね。
中古市場から姿を消している原付二種もちょっとずつ回転しているようです。

コメントを残す