トイレメンテナンス: INAX男性用便器の水が出ない!

自宅の男性用便器が、突然、水洗ボタンを押しても水が流れなくなってしまいました。
確かに、1か月くらい前から、ボタンを押してから水がザ~っと流れ出すまでに、少し遅延が発生するようになっていたのですが、昨日突然、ボタンを押しても水が出なくなってしまいました。
調子が悪くなって、だんだんと水量が減ってくるのかと思っていたのですけど、その時は、突然やってきました。

下写真のINAXのモデルです。

INAX 男子用便器フラッシュバルブ

水道弁を閉めて、まずは、分解てみます。

INAX フラッシュバルブを開けてみたところ中にあるピストンのようなものを取り出して掃除しようとしたのですが、隙間が狭く上から取り出せない!

INAX 男性便器フラッシュバルブのボタンを外す。仕方なく、水を出すボタンを外して、下からマイナスドライバーでピストンをこじ上げると上に上がってきて、ラジオペンチで中央部穴の間をつかんで取り出しました。ただのはめ込み式で、ねじ込み式ではありません。

INAX フラッシュバルブ A-520

取り出したのはいいけど、外観からは特に汚れている様子無し。中を開けてさらに掃除すればいいのかもしれませんけど、延命にしかならないのでパーツ交換することに決定。「INAX 男子便器 フラッシュバルブ」という感じで検索したら、LIXILのホームページから男子トイレメンテナンスの資料が見つかりました。

https://ssl.inax.lixil.co.jp/maintenance/repair/toilet/toilet_09_00.html
https://iinavi.inax.lixil.co.jp/service/repair/index.php
6.小便フラッシュバルブ PDF

こういう完全な情報が記載されているホームページはとってもありがたいです。以下は、その一部。

Lixil ホームページの、男子便器フラッシュバルブメンテナンス情報。

我が家のトイレがいつ改装されたのか私は知らないのですが、ピストン部分は A-520 というパーツを取り寄せて交換すればいいようです。その他の部分の可能性が無いわけじゃないですが、他はただのパッキンとボタンという単純部品なので、ピストン以外が壊れているわけじゃないと思います。

問題はどこで買うか?

Amazonでチェックしてみたところ、商品はあるものの該当商品が二つ見つかりました。

  と  

前者(2,711円)はAmazonの在庫で、後者(1,900円)はマーケットプレースのようで、商品は同じ。

メーカーのメンテナンスマニュアルには、1,800円と書いてあるわけですから、左はちょっと高すぎでしょう!

時間があるなら、Lixilから直接購入すれば一番安心できるところですが、すでに水が出なくてペットボトルを利用して水を流しているわけなので、即ほしい。翌日以降の配達になるAmazonではなく、近くのホームセンターで入手できるのが一番都合がよい。

近所のコメリにあるかとお店に行く前にコメリオンラインで検索してみたものの該当商品無し。
じゃあ、少し遠いけど ナフコ ならどう?同様にナフコオンラインで検索してみたものの該当なし。でもナフコの方が相当お店の規模が大きいので、オンラインショップに無いものもコーナーに置いてあるってことは無いかな?バイクでナフコ に出かけて探してみましたが、INAXの男性用トイレコーナー自体ありませんでした。最近は家庭用男子便器の需要って少ないのかな?

結局 Amazon で、上記右側の Lixil A-520 を発注。

翌日、説明書付きの交換パーツが届きました。

Lixil A-520 と説明書

到着、即、交換作業を行いました。

Lixil A-520 をフラッシュバルブ内に設置

交換パーツはフラッシュバルブ内に簡単にすっぽり収まりました。取り外した前のピストンは、ギチギチに入っていたのですが、これは軸を一致させればスコンと入りました。経年劣化(ゴムの膨張)もあったのかな?

そして、フラッシュバルブを閉じて、水栓を開放。ボタンを押すと、元通りに水が出るようになりました。

いや、水の出がとってもスムーズになりました。故障前数年は、ボタンを押している間だけ、水が出るような感じでしたが、交換後はボタンを押して手を離した後も適切な時間、水が流れて止まります。ボタンを押している間だけ動作するんだと思っていましたけど、すでに数年前から壊れていたのね、このフラッシュバルブ。

業者に頼めば、出張料、作業料、パーツ代を取られて、数日待ち、おそらく1万円は支払うことになるでしょうが、幸いなことに約2,000円の出費で翌日修理完了できました。

コメントを残す