Win10: ノートPCを修理に出して戻ってきたら回復コードを求められた

またも忌まわしきBitlockerの話。

先日、液晶画面下部に色むらが発生したとノートPC(HP Elitebook 840 G3)が持ち込まれました。HP Elitebook 840 G3 の液晶画面は、恐らく特定ロットが不良品を大量に含んでいるものと思いますが、1年も経過せず、画面下部に色むらが発生し始めます。

PC動作自体には問題が無く、保証期間中なので修理してもらえます。SSDを初期化されることはないだろうと、データ自体はフルバックアップして修理に出したところ、液晶パネルが無事に交換されて戻ってきました。

電源を入れたところ、48桁のBitlocker回復コードを求められました。
おっと忘れていました。ビジネス用なのでBitlockerが導入されています。回復コードにはアクセス出来るので問題なし。しかし48桁数値を入力するのはとっても手間。

メーカーは動作確認しないことには返却できないから、きっとスペアのSSDを使ってテストしたか、CMOSバックアップをクリアーしてしまったんでしょうね。

BIOSの設定変更などで、回復コードを求める画面が出て来ることはありますが、こういう小さな差の場合、Ctrl+Alt+Del でリセットすれば、回復コード入力をパスすることも出来ます。しかし今回はこの手は使えず。
手でコードを入力するしかありませんでした。

コードを正確に入力してEnterすれば、無事にWindows10へログインでき、再起動しても回復コードを求められることはありません。作業完了!あとはユーザーに返却するだけ。

ここで、念のためにPCをシャットダウンして電源を落としてみました。そして電源オン。

回復コード入力画面が出て来ました。ガックリ。

このシーン、過去に出会ったことを思い出しました。

  1. 回復コードでOSを起動
  2. TPMをクリア
  3. シャットダウン、再起動して、回復コード画面でコードを入力せず、Esc。詳細メニューで回復コードを入力。

この時、TPMチップクリアーを行ったのですが、これが必要かどうか、今回試してみることに。
要するに、上の1(既に実行済み)と3だけで、電源を落とした後も回復コードが不要になるかどうか?

今回の場合、1 と 3 で復旧しました。TPMクリアは不要でした。

もし、次回、同じケースが発生した場合、3だけで解決するかどうかはお楽しみ。

コメントを残す