Windows10: ライセンスを別のPCに移す

昨年Windows10を入れていた自作PC(Win7から無償アップデート)が故障してしまい、マザーボード交換後のWindows10ライセンス認証に苦労してしまいました。
マザーボード交換後に元のHDDを繋ぎ直してもライセンス認証が通らなかったので、別のHDDを用意してWindows10の古いバージョンをクリーンインストールし、そこでWindows7のProduct key を入力すれば再認証されましたが、マザーボードが故障する度にこんな事やってられません。

その後、検索してみたところ Microsoft もPCのマザーボードやHDDは消耗品であり、壊れることが多々あることを認識しているようで、Windows10にはライセンスの移動を行う仕組みがあることがわかりました。

個人ではあまりないと思いますが、10台くらいのPCに囲まれて数年過ごすと、HDDがクラッシュすることは高確率で発生しますし、数は少ないもののマザーボードも壊れます。

いずれにせよハードウェアが壊れて、ライセンス再認証が必要になることは起こります。

私の場合、故障に限らずWindows以外のOSに初期化したりWindowsに戻したり、他人に貸し出したり、修理を依頼されたりすることが多いので、実際に備えてライセンスの移動を試しておこうと考えました。

近々 Stick PCのOSをWindowsからUnixに変更し、パフォーマンス的に問題なければ、そのまま使おうと考えているので、Stick PCのWindows10ライセンスが不要になる可能性があります。これをメーカーサポート外のVostro1000 に移動できるかためして見たいと思います。
余談ですが、 Vostro1000 はWin10を動かせるものの、Windows Update を掛けるとだんだん調子悪くなっていくような気がします。ATIのドライバーがエラーを吐き始めました。

さて、マイクロソフトのサポートページによると、手順は次のような流れになります。

  1. ライセンスを譲る側のPC(故障するPC)で、あらかじめライセンス認証を終了させ、
  2. Microsoftアカウント(hotmail, outlook.comなど)でのログオンに切り替えておく。
  3. 更に、Outlook.com のWebページから、ライセンス認証したPCがデバイス一覧に正しく表示されることを確認して、準備完了。
  4. 続いてライセンス譲渡をされる側のPC(過去Windows10のライセンス認証を行ったことがないPCである必要がある)で、Windows10をインストール。(この時、当然ながら、ライセンスを譲るPCをOSのエディションが同じにしておく)インストール時にProduct keyは入力せず、「ライセンス認証が必要」とワーニングが出る状態である必要あり。
  5. この状態で、設定の「ライセンス認証」メニューを開くと、「有効なデジタルライセンスまたはプロダクトキーをお持ちでないため・・・・・」と出て来るので、「トラブルシューティング」を選びます。
  6. Windows10ライセンス認証が完了していない状態画面左下の「このデバイス上のハードウェアを最近変更しました」を選択する。
  7. このデバイス上のハードウェアを最近変更しました。Microsoftアカウントのメールアドレスを入力するように求められるので、メールアドレスとパスワードを入力(二段階認証しているならさらにAuthenticator認証)してoutlook.com へログイン。Microsoftアカウントを入力する
  8. 画面に表示されるPCの中から、ライセンスを譲渡するPCの「現在使用中のデバイスは、これです」チェックボックスをチェック。すると、「アクティブ化」ボタンが有効になるので、クリック。

現在使用中のデバイスはこれです。とアクティブ化。で作業完了。

これで、ライセンス移行の作業が完了。

蛇足ですが、ライセンスを移動できるのは、同じエディション間;Home→Home, Pro→Pro;であり、Home→Proの場合はPC名が表示されません。当然と言えば当然。Pro→Homeが出来るかどうかは不明。

私の場合、これで Intel Stick PCのうち一台はWindowsを稼働させることが出来なくなりました。必要な時、再び元に戻せるかどうかに多少不安がありますが。

コメントを残す