Freetel Priori3: Androidの空き容量が足りない!

Freetel Priori3 Android端末を使っています。容量8GBのタイプですが、SDメモリを加えることで問題なく使えていました。購入してから数ヶ月はね。

いつ頃からか、内蔵フラッシュROMの空きが1GBを切るようになってからは、アプリケーションをSDメモリに移動したり、利用頻度が低い Pockemon Go などのアプリケーションを削除したりしてしのいできたのですが、それでもどんどん空き容量が少なくなり、最近では300MB を切るようになってきました。このためアプリケーションの自動更新も出来ない始末。

使わないアプリケーションを削除したりSDメモリに移動したりしたものの、もう限界!

しかし、なぜこんなに内蔵ストレージが圧迫される?ワイヤレスアップデートで巨大なファイルをダウンロードしてインストールしたせいかもしれませんが、追加したアプリケーションの容量を足し算しても空き容量が少なすぎる。こんなことで、次の端末を買うというのも(縛りはないので可能ではありますが)馬鹿馬鹿しい話。

購入直後は不要アプリケーションを入れても3GB以上空き容量があったと記憶しています。一度初期化してしまおうと考えていましたが、その後、再設定の手間を考えると二の足を踏んでいたのですが、とうとう本日実施しました。

Android の場合は、gmail アカウントで、端末情報をバックアップしているので、いきなりリセットしてもデータやgmail系の設定が失われることはありません。(そういう意味では紛失や水没もあまり怖くない。)しかし、全てのアプリケーションの全部の設定がバックアップできている訳じゃないと思うので、一部は手作業で再設定しなくちゃいけなくなるアプリもあるだろうと覚悟していました。

設定→バックアップとリセット から「データのバックアップ」と「自動復元」が On になっていることを確認してから「データの初期化」を行いました。

TV番組を見ながら作業していたので、時間は計っていませんが、何度か再起動を繰り返し、Android が立ち上がりました。その後、自動的にインストール済みアプリケーションをダウンロードし始め、1時間くらいダウンロードしていたような感じでした。
私は待ちきれなかったので、レストア中、使えるアプリケーションやデスクトップを触り始めました。設定を変えたいところもありましたし。

実際操作を行ってみると、gmail 系の情報の多くは保存されていました。

しかし、デスクトップのアイコンの位置や、位置情報登録しておくタイプのアプリ、例えば天気予報や地域連動ニュース通知サービスの設定は消えていました。そうそう、SDカードに移動したアプリケーションは、自動的にはSDカードに移動されませんでしたので、再び手動で移動を行いました。

放置しておけば全部設定が戻るのかも知れませんが、メールアドレスがアカウントとして使われるようになっているアプリに、メールアドレスとパスワードを思い出しながら入力すること約1時間。トータル2時間くらいでほぼ元の状態に戻りました。結構アカウント情報を忘れているアプリがあって困りました。

そして、目的であった、内部ストレージの残量ですが、約300MBから1.2GB くらいに増えました。

「Windowsじゃないんだからさ〜、容量が足りなくなったら再インストール ってような作業をするのはいやだな〜。」というのが感想。

もっと簡単に、内部ストレージ残量を復活させる方法はないものだろうか?と感じるところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です