iMac 20inch late 2006を入手、そして当然トラブる

知人が所有している iMac の使い方に手を焼き、電源ボタンを押して起動しようとしてもコンソール系のエラーが出てOS自体が起動しなくなったと、一年くらい前から言っていました。そしてとうとう、環境をWindows で統一するから要らない!って私に送ってきました。
私から見れば、iMac は MacOSでもBoot Camp してWindows でも使えるいいマシンなので、状況を確認してWindows に変換して送り返してあげたい所なんですが、もう本当に要らないと言うことなので頂くことにしました。

しかし、液晶ディスプレイモデルのiMacとしか聞いておらず、受け取ってみたところ 20inch iMac でしたがモデルが分からない。OSを起動しようとすると、カーネル起動段階でクラッシュしてしまいます。

Snow Leopard DVDから起動して、HDD 修復を試みるものの復旧できず。物理的に壊れているのでなければいずれにせよ初期化するので、まあいいかということでそのまま初期化してSnow Leopard を入れてみました。これで、システム情報が分かるようになりました。

iMac late 2006でした。
CPUは2.16GHz の Core2Duo
メモリはDDR2 の1GB(512MBx2)HDD は250GB
ビデオが ATI Radeon X1600

CPUは問題ないとしても、メモリが1GBだと仮想マシンは動かせない。HDDも不足であるものの、これは外付けでもネットワークでも使えるし、いざとなれば筐体を開けて交換することも出来るので、今はこれでOK。

今、メインで使っているMacMini が Core2Duo 2.0GHz, DDR3 2GBx2 なので、スペック的にはほぼ同じという感じ。(ということは利用価値がないじゃん、、、、、)
しかし、ふと考え直すと、iMacは3GBまでしか使えないと言うことは、32bit モードでOSが起動するって事?これは逆にありがたいかも。というのは64bit Lion になって動かなくなるプログラムが結構あって、これがSnow Leopard を使い続けている理由の一つになっていました。
仕様だけ見ていても、実際に使ってみないと分からないので DDR2 SO-DIMM の2GB x2 を購入して使えるようにすることにしました。メモリの交換はMacMiniあたりと同じだろうと安易に考えていたのですが、メモリスロットの設計がよく分からないため苦戦しました。

iMac Late2006 の場合、2つのメモリスロットに対してレバーが2つしかありません。(PCの場合は、レバーとというか左右にレバーがあったり、ノッチがあったりするので、4カ所あることになります。)その二つのレバーを左右にぐいと開くと、2つのDIMMが出てきて簡単に外れます。入れるときはその反対かと、2GB DIMMをスロットに差し込んで、レバーを戻そうとすると戻らない!!力を込めれば入るのかもしれませんが、それは怖い!

仕方がないのでラジオペンチを使ってDIMMを一度抜き取りました。レバーを元に戻してしまうと今度はDIMMを入れるスペースがない。よくよく観察してみると、背面側のDIMMは、レバーに連動して奥に押し込まれるようです。画面側(表側)のDIMMはレバーの位置と関係なく力ずくで押し込めばいいような感じ。背面側だけレバーで押し込んで、あとから表側のDIMMを力でズコっと押し込み、不安に思いながらもメモリスロットのふたを閉め、電源を入れてみると問題なく起動。4GBが認識されていました。(が、使えるのが3GBまでらしい。)

Mactracker の情報によると MacOSは10.7.5 まで対応しているようです。無料で更新できる10.9 には未対応らしい。週末に、とりあえず、10.7 に上げていろいろやりたいことをやってみるかと、Apple Store に行って、Lion OSへのアップグレードを探し、今も2,000円でダウンロードできることを確認して、購入。

Apple Store から、

  • ご注文の確認
  • ご注文ありがとうございます。

のメールが届いて、さてどうやってOSをインストールするのかな?とメールを読んだところ、

Apple Online Storeアカウントページを開きます。「アカウント」ページで、「ご注文履歴を表示」をクリックします。お客様のApple IDとパスワードでサインインし、「すべての商品に関する操作」をクリックして、「今すぐダウンロード」を選択します。

と書いてあって、「アカウント」と「ご注文履歴を表示」までは開けるものの、「すべての商品に関する操作」というリンクが存在していない!!

一体どういうこと?

Apple に問い合わせなくちゃいけないのですが、事務的な作業に使っている Windows XP のネットワークが突然使えなくなるという問題が発生したため、Lion OSの件は後回し中。こういうスムーズに流れないオンラインショップって大嫌い。物理的なメディアを購入する方がよっぽどマシと思ってしまいます。なんのためのオンライン販売なんだろう?

追記(2015/02/23)

Apple ボリュームライセンス事務局 というところからメールが届きました。
そのメールに、添付されているPDFファイルにコードが含まれており、それを Mac App Store のナビリンクにある「iTunes Card/コードを使う」の画面で入力すると MacOS Lion のダウンロードが始まりました。
ネットから直接インストールするのかと思ったら、4.72GBということはDVDイメージなのかな。土日に更新作業しようと思っていたのに、結局次の休暇中の作業になりそうです。

しかし、最初に届いた注文メールの内容と全然違うじゃない!何なんだ?と思ってしまいます。

コメントを残す