hybrid W-Zero3: Hotmail につながらない!

パソコンの近くにいてWiFi 経由でiPadを利用するが多いため、ここ数年モバイルルーターとして利用する事はあってもモバイルアプリケーションを動かすモバイル端末としての使う事が無くなっていたウィルコム hybrid W-Zero3 ですが、近々、行動範囲が少し異なるることになりそうなため、外出中にメールチェックするための端末として復活させる事にしました。

Windows Mobile 6.5 OS はiOSと比較して操作性が致命的に悪いため、文字入力や画面切り替えが必要な操作をする気になりませんが、2年前に設定だけは終わらせているため、イライラに我慢して使う気があれば動くはずです。今回は、特に新規設定する必要はなく、Windows Liveアプリでメールサーバーに接続できる事を確認すればいいだけのはずでした。

しかし!hybrid W-Zero3 を設定する途中で自動的に割り振られた @xx.willcomlive.jp ドメインに転送しているメールをチェックできないというトラブルが発生しました。
症状は、

「インターネット接続を確立できませんでした。インターネットの接続を確認し、お申し込みのプランでデータサービスにアクセス出来るかどうかを確認して下さい。不明な場合は、携帯電話のキャリアにお問い合わせ下さい。」

というメッセージが出て、メール受信に失敗してしまいます。電話回線からアクセスしても、WiFi経由でアクセスしても症状は同じ。

設定した時はちゃんと動いていて、それ以降一切設定には触っていないため、問題ないはずなのに。
サーバー側がダウンしているのかと、Webブラウザーからアクセスすると問題なくアクセス出来ます。
また、iOSのメールで exchange 設定している端末では問題なくメールを送受信できます。
W-Zero3 の Windows Live メール設定は、hotmail プロトコルで設定しているはず。というより、アカウント設定画面で、Willcomlive.jp のメールアカウントを入力するとアプリケーションが認識して自動的にHotmailとして登録されます。

アカウント設定を一度消去して、再度同じアドレスで設定しようとすると設定に失敗し、pop3かIMAP4で一般プロバイダーのサーバーにアクセスする方法を採らざるを得なくなります。ちなみに 一つだけ設定できる exchange 接続は gmail との同期用に使っているため、Hotmail用には使用できず。(残念)

いろいろと調べた結果、Windows Mobile 経由のWindows Live メール接続はサポートが終了しているのでは?と推測しました。メールサーバーが替わってしまったようで、私のWindows Liveメールが知っているメールサーバーは無くなってしまったんじゃないか、エラーメッセージは単純にサーバーに接続できないために発生しているんじゃ無かろうかと考えました。

そしてWebブラウザーから、outlook.com をアクセスして「Outlook.comでメールアプリをセットアップする」を調べて、「IMAP と SMTP をサポートするアプリ」を参考にIMAP4 で設定すれば W-Zero3から willcomlive メールをアクセス出来る事が判明。一応、完全に見捨てた訳じゃなく、標準メールプロトコルを公開するから後は勝手にやってくれという見放し感満載の姿勢を感じとる事が出来ます。

メール アプリで次の設定を使います。

  • 受信 (IMAP) サーバー

    • サーバー アドレス: imap-mail.outlook.com

    • ポート: 993

    • 暗号化された接続: SSL

  • 送信 (SMTP) サーバー

    • サーバー アドレス: smtp-mail.outlook.com

    • ポート: 25 (25 がブロックされている場合は 587)

    • 認証: はい

    • 暗号化された接続: TLS

  • ユーザー名: メール アドレス

  • パスワード: パスワード

この情報を元に設定してみれば、メールを送受信できるようになりました。

不便なところは、メールチェックを手動で行うか、一定時間感覚で行うしかないという点。ExchangeやHotmail接続できればもうちょっと細かいメールチェック設定が出来たはずなんですが。例えば、頻繁にメールチェックする時間帯と、夜間などメールチェックしなくていい時間帯を設定できるはずなんですが、IMAP4の場合は24時間お構いなしでメールチェックしてしまうのが難点。現時点では手動でチェックする事にしています。

逆にOutlook.com(Hotmail)のいいところは、Web上で、メール受信をトリガとするアクションが豊富な点。外出先でチェックする必要がないメールマガジンは受信トレイに入れずに、必要なメールだけ受信する条件設定を比較的簡単に行う事が出来ます。

すったもんだしましたが、これでようやく外出先でのメールチェック機能が復活。

Windows Mobile のサービスが次々につぶされて行く現状を見ると、二度とMicrosoft のOS搭載携帯電話を買うべきではないと再認識させられました。

Comments

  1. 私はドメイン名を「¥アカウント@××.willcom~¥」でサーバーアドレを「bay403-m.hotmail.com」でアンドロイド、ipad、iphone、WindowsPCで使ってます。

    1. あいさん、情報ありがとうございます。おかげで、このメモだけで、モバイル端末から hotmail に接続するためのサーバー情報に全部アクセスできるようになりました。

      そうですね。Exchange接続を利用できれば、同期できそうです。
      私の場合、hybrid W-Zero3 でメールと同等にスケジュール同期も行いたかったので、スケジュールを入力しているgmailとの同期をExchange接続に使用しています。gmailのメールは、これまた過去の経緯から別目的で利用しています。
      w-zero3 標準メールの場合、Exchange接続設定は1つしか利用できないため、Hotmailとの同期はpop3かIMAPを使うしかなく、コメントの bay403-m.hotmail.com サーバーとは接続できないということになってしまっている状況です。スケジュール管理をgmailからoutlookに移してしまえばいいんですけど、それも面倒で。ちなみに、目的は受信だけ。到着メールを読むだけで、送信や返信には使っていませんでした。

      更に悪いことに、2015/02/20頃から imap-mail.outlook.com との同期も出来なくなってしまい、現在w-zero3 と hotmail 間のメール同期が出来ていません。
      もともとのWillcomlive.jp利用目的は、外出先でメールチェックしたいので無料でIMAP受信できるHotmailにメールを転送して受信するということだったので、外出頻度が下がった現在 w-zero3でIMAP受信する必要性自体が低下しており、仕様がころころ変わるHotmailにこだわるのはもういいかという気分になっています。(今日、再度試してダメだったので、設定を消してしまいました。)

      ちなみに、SIM無しiPhone3Gでは、bay403-m と Exchange 接続で接続して便利に使用していますよ。ユーザーインタフェースはiOSの方が遙かに上。外出先では、w-zero3+ wifi snapソフトルーターを経由して、iPhone3Gで hotmail に接続してメールチェック出来ています。OSメーカーに見捨てられてしまったOSなんてこんなものでしょう。これだからマイクロソフト製品を使いたくない。(笑)

コメントを残す