Hybrid W-Zero3 をモデムとして使う

ウィルコムのHybrid W-Zero3を今まで単体でインターネット接続していましたが、ノートPCを外に持ち出し、スマートフォンとUSBケーブルで接続して使うことになる場合を想定して、初めてモデムのように使うテストを行ってみました。

まず、30分くらいマニュアルを探してみたけど、PCとコンテンツを同期する方法は書いてあるものの、モデムのように使う方法がどこにも書いてない!他に同封されていたマニュアルがあったかもしれないと探してみたところ、A4両面印刷のぺらぺら紙に、USB接続、WiFiSnap、Bluetooth接続の場合が解説してあるのを発見。
そしてUSB接続の場合の例を試してみると、、、、、駄目。インターネット接続しようとした時点で、エラーダイアログが出てきてインターネット接続できない。

「接続できません。電話が正しく設定されていること、サービスが利用できること、さらにフライトモードがオフになっていることを確認してから、やり直してください。」

フライトモードって何だ?またマニュアルに戻って索引でフライトモードを調べようとしたけど、フライトモードが無い!インターネット接続方法を削除してオンラインサインナップし直してみたり、1時間くらいいろいろ試してギブアップしそうになったけど、ふと検索エンジンでフライトモードを検索してみることを思いつきました。

google で検索してみると、同様の問題にぶつかった人がレポートしてくれていました。

答えは、3G回線接続をOffにしていると、USB 接続でインターネットに繋がらないって!

ソフトバンクに3G回線のパケット料金を払いたくないし、3G回線を有効にすると待機時間が半分になってしまうため、3G回線は元からディスエーブル設定にしてある。何かのタイミングでPHS回線から勝手に3G回線に切り替わってしまう現象があるので、間違ってもPHS回線しか使えない設定にしてあったわけで、これが原因だったようです。

余談ですが、無線LANも必ずOFFにしてないといけない。

W-SIM と WCDMAをON、無線LANをOFF。

これで試してみると、万歳!PCからスマートフォンをモデムのように接続してインターネットに接続することに成功しました。

速度はまあまあ。動画やMP3などのサイズの大きな情報に手を出さなければ我慢できるレベル。
驚いたのは、WS027SHはUSB経由で充電する設定にしてあり通信中も充電される設定になっているのですが、PHSをモデムのように使っている間は電池残量が殆ど増えません。減ってはいないもののUSBとPHS両回路が同時に稼働すると充電に回すパワーがないようです。(モバイルルーターモードにして3G回線を使うと、充電中が間に合わずバッテリーレベルが下がるらしい。)

USBモデムのようにWindowsパソコンに接続していますが、OSからどのように認識しているのかを確認してみると、USBポートにIPアドレスが割り振ってあり、ルーターとして認識していました。スマートフォンがルーター・ファイヤーウォールとして稼働するので、インターネットに直接接続しているよりも多少安心できます。もちろんWindowsのファイヤーウォールはONにしておかないといけませんが。

それにしても、シャープのマニュアルは情報が不足しすぎ。有志の情報がなかったら、もっと時間を無駄にしていたと思います。

コメントを残す